妊活に葉酸は必要?その効能やおすすめの青汁サプリなど

 

妊娠をしている人や妊活をしている人は、特に積極的に葉酸を摂取したほうが良いといわれています。

 

葉酸とは、ビタミンB群の一種であり、造血ビタミンと呼ばれるほど血液を生み出すための働きをもっています。

 

血流の改善などにもつながる、かなり大切な栄養素です。

 

赤ちゃんを授かりたい方や授乳中のママにとっても、葉酸は積極的に摂取したい栄養素の一つです。

 

妊娠中ですと、胎児の核酸(遺伝物質)の合成を正常に行うのに重要な役割を果たすため、積極的に摂取しておきたいところです。

 

また、特に妊活中の方は、早めの葉酸の摂取がおすすめです。

 

 

葉酸とはどういう栄養素?

 

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種で、葉もの野菜に多く含まれていることが多いため、この名がつきました。

 

葉酸は、交感神経・副交感神経のバランスを整え、余分な老廃物の排出を助けたり、造血作用や細胞分裂のサポート、髪や肌の健康の維持などの働きが期待できます。

 

さらに、心臓の病気を予防したり、子宮頸がんの予防や貧血の防止などの影響もあります。

 

赤ちゃんの体内での正常な成長に欠かせない栄養素という事で、妊娠前や妊娠中、授乳中などに積極的に摂取することを厚生労働省もすすめています。

 

厚生労働省がお薦めしている1日の葉酸の摂取量は、400μgとなっています。

 

食事だけでも葉酸を摂取する事ができるのですが、葉酸は水溶性のビタミンであるため、調理過程で水に溶け出してしまい、その食品に含まれている葉酸を全て摂取する事はできません。

 

そのため、普段の食事に加えて、葉酸が含まれたサプリなどで積極的に摂取したほうが良いとされているのです。

 

 

葉酸には2種類ある!

 

一口に葉酸といっても、実は2つのタイプの葉酸が存在しているのをご存知でしょうか。

 

1つは食べ物に含まれるポリグルタミン酸型葉酸で、天然葉酸と呼ばれることもあります。

 

ポリグルタミン酸型葉酸は、摂取した葉酸のおよそ50%程度が吸収されると言われています。

 

もう一つは、ポリグルタミン酸型葉酸が体内で消化酵素の作用によって変化したモノグルタミン酸型葉酸と呼ばれるものです。

 

こちらは、ポリグルタミン酸型葉酸と対比して吸収率が高く、約85%前後の吸収率となっています。

 

サプリメントに使われているのは、このモノグルタミン酸型葉酸です。

 

厚生労働省が妊娠中の女性に積極的に摂取することを推奨しているのは、こちらの葉酸になります。

 

これは、食事だけでは十分な量摂取しきれない葉酸を、モノグルタミン酸型葉酸の含まれたサプリメントで摂取することで補うためです。

 

美容や健康などといった目的のために摂取するのであれば、18歳以上の女性のケースでは240μgが目安ですが、妊活中や妊娠3か月くらいまでの場合は400μg、それ以降の妊娠中の女性は500μgほどを目指すのが良いとされています。

 

特に、妊娠1か月前から妊娠3か月頃までは、胎児の細胞分裂が活発に行われて身体が作られていく期間なので、しっかりと葉酸を摂取しておく必要があります。

 

この期間に葉酸サプリを摂取しておく事で、おなかの赤ちゃんの神経管閉鎖障害を7割前後阻止する事ができますし、自閉症や流産などの危険性の軽減にもつながります。

 

厚生労働省が葉酸をサプリで摂取することを推奨しているのは、サプリであれば手軽に葉酸を摂取する事ができ、しかも1日の量が決められていて摂取した葉酸の量を把握することができるからです。

 

葉酸サプリにもいろいろなものがありますが、おすすめなのは以下の記事で紹介している青汁サプリです。

 

青汁といっても、普通の青汁とは全然違って非常に飲みやすくて美味しく、葉酸がたっぷりと含まれているため妊活中の人や妊娠中の人にとてもおすすめです。

 

女性だけでなく男性にもおすすめのサプリです。

 

詳しいことは以下の記事をぜひご覧になってみてくださいね。

 

 

男性必見!妊活に効果的な青汁、おすすめはこれ!